首都(ケラスタ)

イーデン王国の首都はケラスタです。カレイン地方最大の都市であり、鉄道網の中心です。
魔動機の技術が栄えているため、街のいたる所のインフラで、活動している魔動機が存在しています。カレイン地方最大のマギテック協会も、ケラスタに存在しています。
文化はどちらかといえば実利主義的・質実剛健な気風ではありますが、鉄道交易により輸入される物品も多く、華やかさと無縁というわけではありません。
主要な建物として、全ての鉄道の起点となる中央駅や、日々剣闘士達が戦いを繰り広げる大闘技場などがあります。
学園の出先機関も中央駅の近くに存在しており、教育設備自体はありませんが、事務窓口や郵便物の受付等の役割を果たしています。

その他の地域

〇大闘技場
ケラスタにある大闘技場です。多くの剣闘士達が、成り上がりを求めて戦いに明け暮れています。
表向きは自由剣闘士のみで奴隷剣闘士はいないとされていますが、地下に奴隷剣闘士による裏の闘技場があることも、一部では知られています。
また、定期的に大小様々な武闘大会が行われ、盛り上がりを見せています。

〇エッダ鉱山
フォーンド連山南部の鉱山と、その周辺の鉱山都市です。
カレイン地方最大の鉱山ですが、特にミスリル鉱で有名です。
それ以外にも多種多様な鉱石が採掘されるため、日夜鉱員が鉱山を掘り進めています。
昔からの鉱脈は少しずつ採掘量が少なくなっているので、新たな鉱脈を開発中ですが、
山に住む魔物を打倒しながらの作業なので、進行は捗っていないようです。

国の人々(NPC)

〇“少年王”リセウス・シャルラレーデン(人間/男/12歳)

「余は、余に与えられた力で以て出来ることをしよう。全力でだ」

イーデン王国の幼き国王です。
父王の逝去により、9歳の若さで摂政付きではありますが即位しました。
一見すると大事に育てられた箱入りの貴公子といった雰囲気で、頼りない印象を与えますが、信頼した者の前では年相応のイタズラ少年ぶりを見せるようです。
魔動機いじりを趣味としており、そちらでは天才と囁かれつつありますが、摂政である妾腹の兄はその話にいい顔をしないそうです。

〇“眼光鋭き”ハルベルト・シャルラレーデン(人間/男/25歳)

「それはこちらで決裁する。……陛下にあまり仕事を持ち込むな」

イーデン王国の摂政であり、公爵です。
先王の妾妃の子だったのですが、正妃の子である弟の即位によって摂政の位につきました。
独断専行が目立つ、目付きが悪いなどと貴族の間ではあまり良い評判ではないのですが、きっちりと仕事をこなす姿勢から、庶民や役人たちには人気が高いようです。
よく妖精達にに話しかけられる姿を目撃されているようですが、本人はそれを否定しています。