首都(カロス)

カロス王国は都市国家であり、首都もカロスです。
カロスはリゾート地として有名であり、夏は海、冬は温泉が特に人気です。
人口の半数が観光もしくは観光関連産業に従事しているため、それ以外の産業は精々自給自足のための農業や漁業がある程度です。

その他の地域

〇イカロス鉄道橋
イーデンとカロスを結ぶ鉄道が通る鉄道橋です。両国の名前をもじって名付けられました。
川に鉄道が通れる橋を架けるのは大事業であり、カロスまでの鉄道網が近年まで完成しなかった原因でもあります。
その分、完成した鉄道橋は他では見られない有数の建築物であり、観光地になっています。
橋のカロス側に観光用の停車駅があり、周囲には簡単な宿泊施設や飲食店、土産物屋などが点在しています。

国の人々(NPC)

〇“笑顔燦々”アティリオ・ベルナベ・カロス(エルフ/男/137歳)

「大切なことはひとつ。楽しいときもつらいときも、いつだって笑顔を忘れないことだ!」

カロス王国の国王です。
水泳で鍛えたたくましい体に、よく日に焼けた肌を持つ美丈夫で、現在お妃探し中だそうです。
陽気な性格で、楽しいこと・楽しくすることを何より重んじる男性です。
たまに城を抜け出し、騎獣のドルフィンとともに歌う姿が目撃されています。

〇“蒼海の真珠”ペルラフィーヌ・ロナ・イエル(エルフ/女/132歳)

「申し訳ありません、私には心に決めた方がいるのです」

カロス王国の次期王妃と周囲に目されている女性です。
ですが実際のところは、お互い幼い頃から兄妹のようなつきあいがあるため夫婦に、という意識は薄いようです。
とはいえ、彼女は他の縁談を「心に決めた方がいる」とすべて断り続けているという話です。