オリジナルアイテム作成

 このページでは、オリジナルアイテムを作成する際についての注意事項や、目安となる基準を提案しております。
 これらの基準等は公式の既存アイテムに基いて作成しています。

武器の威力等

威力表
ランク威力
B必要筋力
A必要筋力+5
S必要筋力+10
SS必要筋力+20
その他補正威力
「用法:2H」+10
命中+1+5
C値+1+5
C値-1-5
グラップラー専用+5
<絡み><スタッフ>-5
強い武器+5
弱い武器-5
最強武器+10
武器カテゴリによる特徴表
ソード特になし
アックス△威力+5 ▼C値+1
スピア△威力+5 ▼命中-1
メイス△威力+5 △命中+1 ▼C値+2
スタッフ△命中+1~2 ▼C値+2
フレイル△威力+5 ▼命中-1
ウォーハンマー△威力+5~+10 ▼命中-1~-2
絡み「効果:絡み」
格闘必要筋力が基本的に15以下
ボウ2Hのみ
クロスボウ追加Dが固定値
武器性能目安限界表
ランク必要筋力威力
B3045
A3355
S3565
SS40100

注記:必要筋力について
 威力をあげるために一番簡単な方法は、必要筋力を100にすることですが、現実的に使うことはできません。大雑把にこの目安限界表の筋力限界は通常プレイにおいての限界に近いものとなります。つまるところ、フレーバー的な通常品の限界ともいえます。もちろん、あくまでも目安なので、魔剣のフレーバー等に合わせて上限を超えた設計をしても構いませんが、装備できる人がいるかをかんがえた上でやってみましょう。

武器の効果

 武器には効果が付与することができます。とはいえ、単純にスペックの強い見た目かっこいい武器!とかなら効果は付与する必要はないでしょう。
 ここでは戦闘向け効果を作る際の目安について記載します。
 目安は、武器の持つキャパシティ(効果を持ちうる容量)をかんがえた基準となります。

 非戦闘時効果を与えるものに関しては、フレーバーが現実的な範囲かどうかで考えてください。
(喋る剣とかであれば、アドバイスでボーナスがあるかもしれない。無から食料を生み出すことは流石にできないなど)

武器キャパシティ表
ランクキャパシティ
B1
A2
S3
SS5
威力40-60-1
威力60-80-3
威力80-100-5
効果コスト表
コスト効果など
1 特定条件下の数値ボーナス・ペナルティ
2 単純な数値的恩恵
3 特殊な効果を対象に与えるもの
5 その他分類不能

特定条件下の数値ボーナス・ペナルティ
 何かコストを支払うことで、ダメージが追加するものなど
 例:<パラソルスピア><デスサイズ>
 
単純な数値的恩恵
 装備中に防護点が上昇、魔力が上昇するなどの単純な効果です。
 例:<ディフェンダー><マナスタッフ>

特殊な効果を対象に与えるもの
 クリティカル時に防護点を0として扱うものや、消費MPを下げるものなど
 例:<斬鉄剣><首切り刀><ブラックロッド>
 

その他効果補正
コスト 状況
+5 数値効果+-4を超える
+2 数値効果+-4
+1 数値効果+3
+1 「特殊効果:絡み」
+1 プラス効果を非ランク効果にする
-1 MP消費3点以上
-1 合言葉を使う
-1 ペナルティ・マイナス効果
-1 固定達成値16-20
-2 固定達成値12-16
-2 ダメージを与えない
-2 特定種族への効果