Top / System / Level_Cap
/
Level_Cap

レベルキャップ

 ここでは、学園都市で使われているレベルキャップについての解説と、

設計意図などについて記述しています。

レベルキャップとは

 レベルキャップとは、参加比率による、成長の格差や能力の格差を制限することで、

ライトなプレイヤーから、ヘビーなプレイヤーまでが参加しやすくするためのシステムです。

レベル帯の上限と下限を設定することで、GMも敵や目標値の設計が容易になるように、

考えています。

レベルキャップの基礎設計

 基本的にはBテーブルの1レベル先行を許可することで、Bテーブルの強みを殺さない

ことを前提とするところからはじまります。



 その上で、卓の頻度を考え、週に1~2回程度のPLと、各エピソードごとに、GMを1回

程度を標準としています。



 そこから、レベル帯に応じて適正経験点を加算した上で、それを期間の2/3程度分の

合計値を上限として考え、ハウスルールなので経験点を使用できる余力も設定しています。

 また、低レベル帯においては、レベル上がりやすさは早く様々な技能を覚えることはできます。

これは初級レベルであれば誰もが覚えやすいというところからの理由と、期間に対して

低レベルでは数をこなすとすぐに高レベルになってしまうという点を合わせて広くとって、

成長の楽しみを失わないようにしています。

 逆に、高レベル帯においては、低レベルに比べて少しばかりきつくなります。

これは、何かを極めることが難しいことの表現の難しさに加えて、上限をあげすぎると、

タコ足で嗜み技能をいくつかとりまくるということを制限することを兼ねています。

それでも、AA技能を最大レベルに上げても、サブ技能としてスカウトやセージは実用

レベルで取得できる程度には考えています。

推奨のキャラ成長

 キャップを大きくとっているのは、非固定PTという背景がある関係上、

全員がやりたいことをやるために、スカウトセージを持っていないというPTになる可能性があります。

 そういった状態を回避するために、レベルキャップの幅はかなり広くとっています。

可能なかぎりは、スカウトやセージ、レンジャー等の非戦闘系技能を習得するようお願いいたします。

月末調整・月末成長について

 月末調整は、明らかに非参加率が多すぎたり、ヘビープレイヤーが強すぎたりといった際のための、

調整を兼ねています。どうしてもソード・ワールド2.0のシステム上、名誉点や金銭が多ければ強くなってしまうので、

その金銭の調整に重点を置きながら、足手まといならない程度の下駄をはかせることで気軽に参加できるようにと

願っています。

 その上で月末成長を行うことで、下駄ばかり履かせては不公平というのを回避するために、

全員に対して参加頻度によって、キャラクターたちが卓していない間の成長などを表現しています。

卓の参加をしていれば、名誉点などは上がりますが、それだけ時間を使ってるということで、

キャラクターたちの月末成長での補正は低くなっています。

 原則としては、GMの人数比が上がらない限りは月末調整・月末成長は存在し続けます。

コミュニティ全体の人数とGMの供給が釣り合いとれてる以上となれば、

月末調整・月末成長は最低限のものとなったりします。

レベルキャップ目安表

 ここでは、レベルキャップの目安について記述しています。

リアルの暦上での休み期間やらの影響によって、休み期間が増減して多少調節されることがあります。

第一学年上限Lv上限使用経験点成長上限
一学期4115008
二学期51950015
三学期63000024
第二学年上限Lv上限使用経験点成長上限
一学期84500041
二学期95850050
三学期107550060
第三学年上限Lv上限使用経験点成長上限
一学期119450080
二学期12117000100
三学期15180000120

レベルキャップの改訂について

 PLの人数や立卓頻度などの実態や、要望に合わせての調整はしていきます。

何か希望や要望、提案などあればお気軽にお声かけください。