Top / System
System

ハウスルール

フリーキャンペーンにご参加していただく際には、

当コミュニティのいくつかのハウスルールがありますので、

そちらに目を通していただき、楽しんでいただきたいです。

ハウスルールは随時必要な際に、追加・改訂等が行われることも、ご了承ください。

レベル・経験点・成長キャップ

 フリーキャンペーンにおいては、シーズン制をとっており、

一定の期間に区切って、レベル、使用経験点、そして成長に上限を設けております。
この上限は、エピソードが進行するごとに緩和されていきます。

月末支度

 上記のキャップの緩和に合わせて、どうしても参加回数の差というものが

如実にでてしまい、格差が出来てしまうため、ある程度の対策として、

月末支度というものを、エピソードが進行するごとに、PLにお渡しいたします。

PLには、エピソード終了ごとに、一定の経験点・成長・報酬が特定の基準によって配布されます。

PLは、自分の使用するPCに対して、その数値を割り振ることができます。

上手におつかいください。

月末報酬の公示は、エピソードの告知と同時に行いますので、その際にご確認ください。

GM報酬

 エピソード制をとっている上で、GMを行う場合に、どうしても卓参加機会が減ってしまうことから、

GMをしてくれた方々には、ささやかながらの報酬をお渡しいたします。

GM報酬ということで、その卓でPCたちが獲得したものと同程度の経験点や報酬と

プラスαで少しのオマケがあります。ぜひお納めください。

もちろん、報酬の受け取りの辞退をすることもできます。

余剰経験点

 エピソード制をとっているとはいえ、安定して多くの卓を参加する方々は、すぐにキャップに到達するかもしれません。

その際の、キャップを越えた余剰を消費して特典を獲得できるハウスルールを用意しています。

余剰成長

 エピソード制をとっているとはいえ、安定して多くの卓を参加する方々は、すぐにキャップに到達するかもしれません。

その際の、キャップを越えた余剰を消費して特典を獲得できるハウスルールを用意しています。

 また、ハウスルールにより、余剰した成長を保留し、次のエピソードに持ち込めます。

星のかけら交換より、余剰枠を獲得できます。

セッション以外での経験点獲得

日常RP経験点・見学点

 チャットロビーとなる「日常卓」での交流を推進するために、1日1回、他のPLのキャラクターとRPをすることで経験点を「100」点をプレイヤーが獲得できます。

 また、卓が行われてる時に、見学で一緒に盛り上げていただけた方々にも、卓への見学参加1回ごとに「100」点の経験点を進呈いたします。

 これらの点数は、より盛り上げていってくれる皆様へのささやかなお礼です。お納めください。不要な方は、辞退しても大丈夫です。

 しかしながら、悪用等はしないように、お願いします。

イベント卓主催・参加点

 フリーキャンペーンでは、PC間での交流を大きくやるための、RPイベント卓を開催することができます。

 以下のいずれも、「プレイヤー」が獲得するものであり、自由に「キャラクター」に割り振ることができます。

 このイベント卓の主催してくれた方には、「3000」点の経験点と成長「2」回、星のかけらを「2」個を取得できます。

 イベント卓に参加して、他のPLのキャラクターとRPをしていただけた方には「500」点の経験点、

 顔を出して挨拶とか雑談をしていった方々には「100」点の経験点が進呈しています。

 ぜひともどんどん参加していって交流していってください。

その他

 運営への協力等などの、何らかの貢献をしていただいた方々に、ささやかながらの、お礼を差し上げることがあります。

 運営の主観的な判断となりますので、その点については、ご了承ください。

複数キャラクターの使用について

 各学期生ごとに、自由に一人ずつキャラクターを作成できます。

もし同じ学年で二人目以上を作成したい場合は相談をした上で可能かどうか決定します。

それぞれのキャラ同士での関係性を持たせることは構いませんが、

それによって他のPLとの関わりを少なくすることや、舞台装置のように扱うことはしてはいけません。

それぞれの作成したキャラクターに対して責任をもって扱ってください。

非ライダー技能習得者の、騎獣レンタル等の扱い

 通常、ライダーを習得していないキャラクターは、ライダーギルドにて騎獣をレンタル・購入することができず、

市井においての、馬の購入ぐらいしかできません。

 しかしながら、それでは移動手段として、◯◯を使って現場行きたいといった場合においては、

地味に困ったことになります。通常通り制限をしてもいいですが、やはりフレーバーとして欲しいのは事実、

ですので、欲しい方々は、学園都市にある、騎乗科を通してや、ミズホ国内では学生証を身分証明として

レンタル・購入をすることを可能とします。ですが、そういった移動手段を使いたい、という時には、

必ずGMの許可をとってからにしてください。

真語魔法の【ファミリア】の扱いについて

 当コミュニティにおいては、原則として、基本ルルブに準拠した魔法データを使用しています。

しかしながら、基本ルルブにおいての【ファミリア】は蛙王国一凶であることと、

蛙以外のファミリアを選択した時の処理の煩雑さ、手間、事故などを考慮した結果、

すべてのファミリアに蛙と同じように、「◯一心同体」の特性を付与します。

「◯一心同体」

 使い魔が主と接触している場合、使い魔と主は「合わせて1体」と扱います。

つまり、範囲魔法で2回ダメージ受けなくてすんだりするね、やったね。あとその他攻撃の対象になりません。

 また、ウィザーズトゥームのサプリメントを所持しているPLや、ルールブックEXを所持しているPLは、

そちらの仕様のファミリアを使用することができます。

必ずキャラクターシートにその旨を明記し、セッションに参加する時には、ファミリアの駒を作製してください。

【ファミリアII】の使い魔や意思疎通可能な騎獣のRPについて

 【ファミリアII】の使い魔や、意思疎通が可能な騎獣のRPはみなさんが行いたくなると思います。

しかしながら、あまり喋りすぎるというのも、肝心のプレイヤーキャラクターのRPが疎かになったり、

自分のプレイヤーキャラクターとの掛け合いによる、「一人芝居」になりかねないため、

配慮をおこなうことを前提にRPを行ってください。

 当コミュニティでは、他プレイヤーとの交流をメインとして考えております。

その為、「一人芝居」は原則としてご遠慮ください。

銃弾や矢・太矢の管理

 弾丸の数の管理の手間を省くために、矢弾を100ダース(銀の弾丸等の特殊弾の場合は1000発)購入した場合にはその矢弾を無数として扱って良いです。
 勿論、矢筒やえびら、ガンベルト、バレットポーチの上限に影響を及ぼすものでは有りません。所持品として扱う手間を省くためだけのものです。錬金行為はできませんし、止めましょう。