Top / ステラ博物誌 / ステラ・ガイド
/
ステラ・ガイド

【はじめに】

学園都市アルカとは

 "星見の海上都市"と呼ばれる都市国家、『ミズホ』にある学園と、その周辺にある施設などを纏めていいます。
テラスティア大陸の国家群における魔術師ギルドや魔動機術院、キルヒア神殿のような役割を果たしており、ミズホ
での生き方や、識字率のあげること、旧文明における精神熟成などを目的としています。

"星見の海上都市"ミズホ皇国

 海を渡る都市として、まことしやかに語られている国です。何らかの事由で辿り着いた(もしくはここ育ち)と
いうことで、舞台となっていきます。
 この国は、海の上を潮流にのってさまよう謎の諸島に都市群を置き、島周辺の領域を支配しています。
 かつては、大陸の一部であったと伝えられており、地殻変動や大破局の折に追い詰められた人たちが逃れて国を
造ったという話をききますが、事実はさだかではありません。
 ミズホは漁業と交易、そして特殊な地理による安全神話で栄えています。どこかの地方に流れついた時には、
その地方にある港と交易を行うことがあり、その際には物好きな人が一緒に渡ってきます。それ以外でも、船が
難破や波にさらわれたといった事由の海難事故によって流れ着く人も少なくなく、危険の中帰郷するよりも、
学園都市アルカで学び、定住する者も多いようです。

ステラ地方の気候

 その地理的背景により、流れ着く先の気候に合わせて変化します。1年中夏が続く時もあれば、1年中冬で
ある時もあり、これといった定まった気候はありません。
 しかしながら、諸島の中では昔の魔法王のせいで天変地異が起きており、妙な気候の島もあるそうです。
 最近では、テラスティア大陸周辺を回遊するようになったために、テラスティア大陸と似たような気候となっています
 

ステラ地方の地理など

 徒歩で40日、東西で10日程度の圏内に諸島が収まっています。しかしながら、地方の多くは海であり、
実際に全ての島々を巡るには半年以上の時間がかかるだろうと言われています。
 
 

【《"星見の海上都市"ミズホ皇国》】

ミズホ皇国の歴史

現在のミズホ皇国

◯ミズホ皇国の政治

 ミズホはステラ地方においては、数少ない外部地方との交易に積極的な国であり、それが理由で地方の代表
としての交易を取りまとめています。

 ミズホにおいての政治は名士による議会制であり、名士の選ばれ方も独特です。
 また、名士だけではなく、皇族という旧来から先住してきた人たちもおり、いわゆるところの王族ですが、
通常は一切、まつりごとには口を出さず、普段は祭祀としての役割や、血筋からかミスティックを輩出するために、
「星見」として議会に次のステラ地方が回遊する先を予言して伝えていると言われています。

◯皇族の血統

◯人口

◯軍事

樹皇島フソウ

 ミズホ皇国の首都、フソウ

◯重要施設

ミズホ皇国の名所

◯学園都市アルカと△△湖